年越しを前に…

まもなく2006年が終わろうとしています
ラジオからは紅白歌合戦が…
大晦日ですねぇ

あなたにとって2006年はどんな1年でしたか?
今年は本当に色々な出来事があった365日でした

ニュースもスポーツもプライベートも
本当に激動の1年でした

また来年は新たな目標を胸に、今までの自分を越えるために
いろいろな事に前向きに取り組もうと
新年を目前に考えたりしています

以前は仕事で年越しだったから
こうして大晦日を家で過ごすのが
いまいち落ち着かない気分もあったりして…

それにしても2007年は笑顔で生きていこう!
そして2007年の大晦日に
このブログで新たな自分として日記を書けるように…

9月にブログを開設して以来
たくさんの皆さんにご覧頂きました
ありがとうございました!
また来年もフツーな日常を書いていきますので宜しくお願いします!

ではでは、よいお年を!・・・
日常 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

クリスマス2006



みなさん今年のクリスマスはいかがお過ごしで…??
高級レストランで持ち慣れないワイングラスを片手にお食事?
それともイルミネーション輝く都心でカップルに囲まれてた?
もしくはお仕事三昧?
まぁ十人十色のクリスマスがあったでしょう…
いろいろな過ごし方がある中で、私はクリスマスにキャンプすることを選んでみた



そしてその行き先として選んだのは…
私のキャンプ場ランキングNO1に輝く素敵なキャンプ場
「メープル那須高原キャンプグランド」



連休ということもあってキャンプ場主催のクリスマスパーティーは大勢の家族連れで賑わっていた!
やっぱり子供たちにとってサンタさんはリアルな存在のようだ!
サンタさんからプレゼントをもらい喜ぶ小さな笑顔を見て、俺のような男でもなんとなく幸せな気分になった☆



「外は寒かったけど今年のクリスマスは俺にとって温もりのある夜だった」というのが率直な感想かな
本当に来て良かった



そして夜は少し焚き火を見ながらウイスキーで至福のひととき
焚き火を見ながら飲む酒はどんなに飲んでも酔わないもんだ
こんな楽しみは他の何にも変え難い幸せな時間
ほろ酔いになった俺は太ると判りつつも…



夜食にチキンラーメンを食べて寝るのであった

外で食べるラーメンも格別
外で飲むウイスキーも格別
外で過ごす静かな夜も格別
とにかくキャンプは素敵だ
なんとなくだけど、忘れかけていた“何か”を再認識できたクリスマスキャンプだった気がする

都会人がわざわざお金と時間かけて地方に行き、そしてわざわざ不便な生活をする・・・しかしそこに満足感がある…
普通に考えたら変な行動かもしれない…
具体的な言葉に出来ないけど、そこにキャンプというものの明確な答えがあって、満足感は確実にある
人間って不思議だわ…

さて次はドコに行く??
キャンプ |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ちょっと函館まで… ?


19:00 夜の苫小牧港を離岸 とうとう北海道とさよならだ
ちょっと淋しくもあり、今夜の船旅にワクワクのして…
複雑な心境を抱える俺を乗せて「きそ」は太平洋へと進む

本当に素敵なクルーズだ!
しかもこれが定期航路でフェリーとして動いているなんて信じられない…
船もデカイし、サービスの規模もデカイ…
それこそ、やたらのビジネスホテルより対応もいいし設備もいい
感動している間に夜8時 ラウンジではジャズショーが始まった

ピアノとベースの調べに ジャズの似合わない俺も満足し、展望風呂へ
風呂がまたすごい!揺れてさえいなけりゃ船上であることを忘れさせる風呂だ!
広々とした湯船に浸かり、サウナで汗をかいた俺は再びロビーへ
またまたサッポロクラシックビールを飲み
「きそ」で過ごす夜は更けた… さぁ朝には仙台だっ!


12月14日朝
予定通り定刻に仙台港に着岸した「きそ」に別れを告げ再び鉄路へ

仙台駅で牛タンと駅弁を買い列車へと乗り込む
さぁ今日もまた青春18の旅が始まる
そしてここから約8時間。
上野まで各駅停車で辿り着いた旅だった…

END
 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ちょっと函館まで… ?


12月13日朝
今日はいよいよ函館に別れを告げ帰京する
しかし帰る俺は何故か北へ向かう列車へと乗る

そう、今回の旅もそう簡単に終わらせられない!
函館からの帰りは苫小牧経由でフェリーと青春18を使ったのんびり旅をするのだ!
まずは函館から長万部まで気動車に揺られ北の大地を列車旅

途中いかめしで有名な「森駅」にも停車しながら
ゆったりと各駅停車は北の鉄路を進む

長万部では乗り継ぎに約2時間の余裕があった
なのでその時間を利用して長万部温泉へ入った
数ある温泉宿の中で選んだのは「丸金旅館」(http://www10.ocn.ne.jp/~maru-kin/)
ここはお湯の質が良く、本当に芯から温まった!
また小さいながらも立派な露天風呂と檜作りの内湯で心地よい時間を過ごせた
飲泉もできたので、とりあえず一杯いただいてみた…

そして再び列車へと乗り込みサッポロクラシックビールを飲みながら苫小牧までの汽車旅は続く
途中、室蘭にてランチに室蘭名物カレーラーメンを食べた
人それぞれ好みはあるが、俺は素直に美味しかった!

そして夜の苫小牧港に着いた
今夜はここから太平洋フェリーきそに乗り仙台までの一夜を楽しむ…

つづく

 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
« | 2006/12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
トラックバック
DTIブログ!